2017年02月16日

新薬リアルダの服用はじめました

退院して半年が経過し、炎症が出てきたので、大学病院の担当医に相談したところ、新しい薬を試すことになりました。

昨年末に持田製薬から発売が始まった潰瘍性大腸炎の新薬、リアルダになります。

31640E84-9E48-4B6B-A3E8-35D78DCFC890.jpg

まずは1日1錠からスタート。

2週間後に経過が良ければ増量を検討する予定。

経過はこちらで報告します。

リアルダはアサコールの倍はありそうな大きな錠剤です。

飲み込む時は水をたくさん用意したい。

ちなみに今までアサコール1日9錠、イムランを1日1錠でした。

posted by アンナ at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | リアルダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

プレドニンは夜飲まない?〜医師によって異なる処方

潰瘍性大腸炎やクローン病の炎症によく効く薬、ステロイド(プレドニン)

飲む時間って大事なんですね。

通院する病院を変えたら、プレドニンを服用するタイミングが変わり、
なるほど〜と思いました。

前のクリニックでは朝、昼、夜と同じ量を飲んでいました。
たとえば、

☆30mg 6錠の場合(朝食後2錠、昼食後2錠、夕食後2錠)
☆15mg 3錠の場合(朝食後1錠、昼食後1錠、夕食後1錠)
☆10mg 2錠の場合(朝食後1錠、夕食後1錠)


今の病院ですと、
なるべく朝にたくさん飲んで、夜は飲まないようにします。

☆30mg 6錠の場合(朝食後4錠、昼食後2錠)
☆15mg 3錠の場合(朝食後3錠)
☆10mg 2錠の場合(朝食後2錠)

ステロイドの処方で、朝昼食後の1日2回という処方をするのは、
体内のステロイド分泌に合わせて副作用を少なくするという目的のためだそうです。
(でも逆に分泌の少ない夜に飲んだほうが、効果が高いとも言えるそうです。)

実感としては…夜の服用を控えた方が、
夕方以降、プレドニン特有の興奮状態を抑えることができ、
よく眠れる気がします。

眠剤に頼らなくても眠れるようになりました!

「ステロイドは朝飲む?」
http://yakuzaic.com/archives/2248

posted by アンナ at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | プレドニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

IBD食でも食べたい!低脂質のカレー

クローン病、潰瘍性大腸炎は1日の脂質を30gまでに抑えられると良いそうですが、

淡白な食事ばかりになり、少し物足りないので、
たまにはカレーライスが食べたくなりませんか?

本来なら手作りしたらベストですが、
手軽にレトルトで探してみたら、
セブンイレブンのビーフカレー甘口は脂質4.9gでした。

ビーフは飽和脂肪酸が含まれるため、
消化するときに腸に負担がかかるそうですが…。

IBD食に飽きてきたら、たまにはOKと言うことで食べてみました。^ ^


久しぶりのカレー、やっぱり美味しい!

素材は煮込んでカレーに溶けこんでおり、
食物繊維はやわらかくなり、なかなか良い感じです。

一口サイズの柔らかいじゃがいも、
そのほか野菜、ビーフはほとんど見つからないほど。

甘口だから子供でも食べやすいよう、
消化しやすい調理がされているのかな?

甘口だけど、味にはしっかりとコクがあり、
久しぶりにカレーを食べる私には大満足の美味しさでした。













posted by アンナ at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | IBD食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。