2014年03月03日

青黛ふたたびチャレンジ

最近、おなかの調子が良くなくて、体力が落ちてきました。

行きつけのクリニックでは内視鏡の検査予約をしましたが、
今回はプレドニン治療を避けたいので、
3年ぶりに青黛の服用を始めることにしました。

プレドニンは効果は高いけど、
副作用があり、やはりステロイド剤服用には抵抗があります。

青黛なら、ティースプーンに1/3杯を、朝、晩1回ずつ。
私の場合、とくに副作用もなく2〜3日で症状が緩和されるので、
久々に青黛で様子をみようと思います。

今まで自分で取り寄せたものを、
2クール飲んでいます。

どちらも下痢や下血の症状は2〜3日で収まるので、
効果は実感していますが、
あまり飲み続けると効き目が減るような…。

だからダラダラ中途半端に摂取することは避けて、
いざと言うときのお助けマンとして、
しばらくは服用していませんでした。

そのへんの効果と有効期間も実証してみようと思います。









posted by アンナ at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青黛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。