2015年05月30日

白血球10000越え

用事があり電車に乗っていたら、
かかりつけのクリニックから電話がかかってきて…

以下、主治医との会話

医師:アンナさん、血液検査の結果が出ましたが、白血球が増えてますね。

私:はぁ…!?(いきなり先生から電話がかかってきてビックリ。そんなに検査の結果が良くないのか?)

医師:検査時は風邪でしたか?白血球が1万越えてるから、どこかで炎症があるのかもしれませんよ。

*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

そうなんです。

実は8ヶ月ぶりに潰瘍性大腸炎が復活してました。(^_^;)
(昨年9月に緩解してから、ずーっと調子良かったのに。)

☆便の回数が増えてます。
☆腸液と血液がまじってます。
☆体力が消耗して、疲れやすい。

そんな症状が1〜2週間続いた後だったので、
血液検査にもしっかり結果として現れてしまったのかと。

前回も調子が悪いときに、
血液検査で白血球が増えていた気がします。

*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ずーっと調子が良く寛解期が一年近く続いていたので、
私、治ってる!?
と勘違いして、調子にのってました。

効き目がイマイチ分からないアサコールも飲んでいませんでした。

民間療法ですが、
私にはプラセンタ注射が合っていたようです。

あまりに調子良いのでプラセンタ注射も2週間に1回ほどにしていました。

しかし、少しお腹の調子が悪くなったな〜、と思いきや、
バタバタと忙しくなり、生理前の炎症おきやすい時期になり、
何を食べても下すようになりました。(^_^;)

    やっぱり私、治ってなかったのねー

そこで、今また、プラセンタ注射を1日おきに1アンプル打って、
再びアサコール1日4錠も飲み始めて
今はだいぶ復活してきました。

ここ数日、お通じは1日に1回に収まりつつあります。

完治しないとしても、
昨年9月から今年の5月まで、UCを忘れて生活できたのは良かったです。









posted by アンナ at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | IBC情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。